少し横になるわ

この暇人め

イキ丸

中越しに網戸を閉じて台所に向かい棚の包丁を抜く。蛇口を捻って刃を濡らす。全てが急速に収束していく感覚。脳裏がパチパチと冷たく弾ける。この感覚はミサイルの警報に脅された時とそれからあの馬鹿でかい地震の時に味わって以来だ。心臓は驚くほど静かだ。誰かの計画通りかってくらいの驚くべき迅速さで全てが進行していく。

下の階のドタドタという物音が大きくなる。外では雨が降り出した。よく聞こえる。

玄関の電気をつけて濡れたままの包丁を握りしめる。

夕方に切った肉の脂がまだこびりついている。

折良く階段をかけのぼる音。軽くて運動不足の足音。

深呼吸をしてなるだけ力を抜いてしかし大きく鋭く何度か包丁を振る。びゅっ。実際には突くんだが。

 

それを妄想に留めたことで俺は毎晩のように下の住人から嫌がらせを受け続けている。

趣き

おもむろに鼻をつまんで息を止める遊びをしたら少し覚醒した感じがした。酔いも眠気も覚めた気がする。気がしただけ。

 

そういう遊びしたら興奮すると思う。女の子の息を止めて、最初はおちゃらけてるんだけど、こっちがいつまでもやってると、シリアスが差し込まれて、こいつは私を殺す気なんじゃないかという疑いが目に浮かぶのを見る。そこまではチキンレース、それでもやる、暴れ出す、やめない、おとなしくなって、意外と限界は遠いから、まだやって、失神しそうになったら、やめて、嫌われるけど、ものすごく興奮して、同時に落ち込むと思うが。いや、抵抗しているうちにやめた方が面白いかもしれないけど。

結局そんなドラマチックなことには縁がない。一人で部屋で寝るだけぽよ。

ぽやしみ〜

突然

ここを動かすそもそもの目的が何だったか忘れたがエタるのも嫌だから、というわけではないが久しぶりに何かを文にする。

 

6月に書いたあたりに何があったか思い出すと、あったんだかなかったんだかよくわからない梅雨に入る前の、すでに少し蒸し暑かったころに上野の方に出かけた時。バベルの塔の絵を見に行こうと思っていたはずなんだけど、公園の入り口あたりで募金詐欺にカモられた上に、単純に迷ったのとめちゃくちゃ人が多くて頭と体がうまく動けなくなってなんとなく公園の周りを一周して汗まみれになって電車に乗って帰ってきてしまう、みたいな感じだった。だからバベルの塔も見れなかった。なんでだろうって聞いても自分のことなのだが、よくわからない。例えば道をよく間違えるのだが、引き返すのが恥ずかしいというか不自然なことなんじゃないかっていう抵抗感で引き返せない時がある。お酒飲んでたりして気分が上がってるときや、誰かと歩いてるときとかは割と大丈夫なのだが。それで、それ以来、特に家の周り以外に外出した記憶がない。

だから何も書かなかったわけではないけど。

 

なんだか最近横になってる時間が長すぎるのか、体を起こしているのがきつい。頭が重い。うまく働かないという意味でもそうだが、単純に重くて首や肩にかかる負担が大きい。姿勢が悪いのかもしれない、そもそも柔軟性も悪いし、それでとりあえずストレッチを初めてみたが3日ともたなかった。すぐ横になってしまう。上半身は肥えるけど下半身は痩せてしまって、もともと良くない見た目がますます気持ち悪くなる。

そもそもデブなのに虚弱な上にすぐ腹が減ったり眠くなったり調子が上がったり下がったりそれに伴って気分をコロコロ変える肉体が面倒くさい。最近は頭も鈍ってきた。もしトップフォーム、トップコンディションだったらどんな姿や調子でどんな機能を持てるんだろうかというのは気になることもあるが、実現するのはめんどくさい。

今はとりあえず淡々ときちんと生きるルーティンみたいなものを確立したい。いちいち変わったり動じたりせずに健康に生きることで少しは穏やかになれる気がするし、そうすれば考えもいろいろと落ち着いてまとまってくるんじゃないかと思う。

 

ところで募金詐欺のあの子たちはどういう人生を送ってるのか気になっている。というか最近は他人の人生がどんなものか気になっていろいろ観測したくて透明になりたいとよく思う。本当に肉体は制約でしかない。何かしら大きな障害があるというわけでもないが、(それがかえって人生になにか役に立ったりすることもあるけど)、この体の中に発現できて良かったということはほとんどない。まあ怠惰が悪いのかもしれないが。

 

相変わらず支離滅裂だ。テーマも目的も明確じゃなきゃこうなるのは当たり前かもしれないが。

支離滅裂といえば、「といえば」といってもあんまり関係ないけど、最近手書きで文章を書かされる機会があったが、パソコンでの書き方に慣れてるからか一発書きみたいなことが頭の使い方としてうまくできなくなってしまっていた。もともと苦手だったのもあるが、いちいちメモ用紙と下書き用紙がないと書き損じと消しかすだらけになってしまう。パソコンだと書き直しとか、段落ごとにバラバラに書いて結合したり組み替えたりできて便利なんだけど、それ以外のやり方がダメになってしまってるみたいだった。ちょっとした思考や記憶も最近はメモ帳依存だ。個々の情報や論理を覚えてられない。

あと壊滅的に字が汚かった。汚いというか一貫性がなくてガタガタしてしまっていてみてると不安になる字だった。形が似てるなにか別のものみたいで、文字と意味が離れちゃってる感じが気持ち悪かった。個々の字だけじゃなくて全体の配置も後先考えてないからか字の間隔や大きさやらがめちゃくちゃだった。

 

取り止めがないしつまらないからもう終わりにしておく

アダプタが壊れてから

何も書かずに散らかしっぱなしにしてしまうと、この場所自体来るのが嫌になってエタってしまいそうだから、何かを書こうと思った。

 

と言っても本当に何もないとしか言えない状況であって、それは実際に起こってることと、感度というか認識が鈍ってるというかそういう二重の問題がある感じなのだが。

 

 

先日、アイポン7のイヤフォンアダプタ(?)を壊してしまった。その話を膨らませようとした。けど、やっぱいい。つまり因果応報的な話だ。

最近泣いたアニメとか映画のワンシーン

去年の後半ぐらいから今にかけて泣いた(嗚咽した)シーン。胸を打たれるという感じで。

 

ロッキー

・アポロとの試合

始まった瞬間から涙が止まらない

 

カイバ 3話 クロニコのながぐつ

・回想シーン

ボロ泣きで過呼吸気味

 

※この記事? を書いてから見直したがやはり赤ちゃんみたいに泣いた。初回のように一気に持っていかれたわけではなかったが、前半からポロポロきてしまい、目が腫れた。これ以上は見ない。これを見て泣かなかった自分とか、冷静にこれを見る自分というのを知りたくない。(ロッキー、ピンドラ等ボロ泣きした作品には同じような態度を取る。今後も)

 

巌窟王

・フランツの決闘

・ユージェニーとアルベールが気持ちを確かめ合うところ(失念)

 

 

BTTF

父親が、ビフ(だっけ?)を殴り飛ばすところ。

 

夜明け告げるルーのうた

・クライマックス(特に祖父の母親(?)の回想

クレしんとかカイバもそうだったけど湯浅アニメにはなんかある。琴線に触れる何かがあるんだけど、言語化できない。

 

他にもあったかも知れないけれど、今思い出せる範囲で。

 

共通点を考えているが、いまいちパッとしない。思いついた単語だけ並べると

「意地、意思、魂の輝き、尊厳、情」

「やむをえぬ悲劇、記憶と忘却((忘れたくなかったこと、忘れてはいけなかったこと)」

みたいな感じだ。

 

泣きそうになったという話なら、君の名は。とこの世界の〜は胸に迫るところがあったが、それは別な話にする。

 

死ぬまでに叶わない願い

思いついたら順次あげていく

 

・姉が欲しい

自分に似てるのは嫌だが、義理も嫌だ。 あとはちゃんと姉をやってくれる人。弟をやらせてくれる人。兄弟をやるのは難しいことだよ。

 

・透明になりたい

割とポジティブな意味で。観察したい。エロじゃなく。

 

・田舎にモールかシネコンを建てる

一人で住んでポストアポカリプスごっこやる。調べたらなんか100億ぐらいかかるらしい。なんらかの暴落的なサムシングが起きればいけるか?あとはまじで人類が滅ぶか。

 

とりあえずここまで

 

 

温泉欲しい